スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マクストラ・カートリッジの使い方


マクストラフィルターの水は、何に使えばいいんでしょう。

何でも・・どうぞ・・・なんですが。。。

たとえば、

お米はとぐ間に6割も吸水してしまうので、「炊く」時はもちろん「研ぐ」からおいしい水を使うと、さらにふっくら、おいしく炊き上がります。

マクストラの水は軟水なので、出汁が出やすく繊細な和のお料理にもぴったり!煮物などでも素材本来の旨味を引き出してくれます。

お茶やコーヒーは、おいしいお水でおいしさUP!不純物や余分なミネラルを含んでいないマクストラの水なら、茶葉やコーヒー豆本来の香りやコクが引き立ち、よりまろやかなおいしさにしてくれます。

何に使っても、おいしいのがマクストラフィルターで作った水なんです。


マクストラ・カートリッジの詳細はこちらから⇒⇒⇒



マクストラ・カートリッジでおいしい水の秘密


マクストラフィルターで作った水はおいしい。
どうしておいしいんでしょうか。

□ 独自のフローコントロールシステム

 山のようなカタチのフィルターの中を、水が自然な速さで流れます。そのため、ろ材との理想的な接触時間が生まれるので、マクストラの水はとってもおいしいんです。

 余分な圧力をかけないことがポイントなんです。

□ 活性炭やイオン交換樹脂の採用

 マクストラに採用されている活性炭は塩素やトリハロメタンを、イオン交換樹脂は余分なミネラルや鉛を、それぞれ除去します。

 臭いや味に悪影響を与える物質をしっかり除去しているんです。

□ 日本仕様に調整されたフィルター

マクストラシルターは、各国の水や飲む人の好みを調べて、最適なおいしさに感じるようにフィルターカートリッジを調整しています。

マクストラで作った水が、口当たりがまろやかで、おいしく感じるのは、日本専用に調整しているからなんですね。


おいしい水を作るマクストラ・カートリッジの秘密の詳細はこちら⇒⇒



マクストラとBRITA(ブリタ)の浄水ポット


マクストラフィルター対応のBRITA(ブリタ)の浄水ポットにはいくつかの種類があります。

一日に使う量や、冷蔵庫にそのまましまうかどうかなど、使い方に合わせて選んで下さい。

□ アルーナXL

マクストラフィルター対応
フィルター寿命確認用液晶インジケーター付き

全容量3.5 リットル (浄水部容量2.0リットル)の大容量
使いやすいフタのモダンなデザインです。

サイズ:幅245X奥行145X高さ254mm

□ ナヴェリア

マクストラフィルター対応
日本の冷蔵庫のドアポケットに収納可能なスリム設計

フィルター寿命液晶インジケーター付き

浄水部容量1.3L 全容量2.3L
サイズ:幅218X奥行113X高さ265mm

これらのほかにも、種類がありますので、じっくり選んでみてください。

BRITA(ブリタ)の浄水ポットの詳細はこちら⇒⇒⇒


マクストラとBRITA(ブリタ)の浄水ポットの詳細はこちらから⇒⇒⇒


マクストラ・カートリッジでおいしい水


マクストラフィルターは、ドイツの浄水ポットメーカーで、浄水ポットでは世界No.1シェアのBRITA(ブリタ)の最新型の浄水カートリッジです。

マクストラフィルターは、BRITA(ブリタ)の最新式の浄水フィルターで、BRITA(ブリタ)の浄水ポットに対応しています。

マクストラは

独自のフローコントロールシステムで、強制的に圧力をかけることなく、じっくりろ過します。

イオン交換樹脂や活性炭使われていて、塩素やトリハロメタン等の不純物など、水の臭いや味に影響を及ぼす物質を除去してくれます。

だから、マクストラシルターで作った水は、とってもおいしいいんです。


マクストラ・カートリッジの詳細を見るのはこちらから⇒⇒⇒


マクストラ・カートリッジ(BRITA・ブリタ




リンク
ACCESS
RSSリンクの表示
カテゴリ
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。